正しいカラコンの使い方【基礎編】正しいカラコンの使い方【基礎編】

絶対にやってはいけないカラコンの間違った使い方について

今やおしゃれアイテムとして定着しつつあるカラコンですが、おしゃれを優先してしまって目の状態をあまり気にしていない人も見受けられます。 カラコンは目に直接つけるものですので、間違った使い方をしてしまうと最悪の場合失明してしまう可能性があります。 ここでは絶対にやってはいけないカラコンの間違った使い方についていくつかご紹介します。

購入の際は眼科を受診すること

最近はネットでも簡単にカラコンを購入することができますが、カラコンはあくまでも医療機器ですので購入するときには眼科で目の状態や自分の目に合ったレンズを知る必要があります

自己判断で自分の目に合っていないカラコンを使い続けていると目のトラブルを引き起こす可能性があるからです。 また定期健診も受けるようにして目に異常がないか確認することも大切です。

使用期限や用法を守って使うこと

カラコンには1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプ、1ヶ月使い捨てタイプなどがあります。

1日使い捨てタイプのものなら外したあとは必ず破棄して次の日は新しいものを使わなければなりません

当たり前のことのようですが中にはもったいないからと「もう一日くらい使っても大丈夫」と自己判断して何日も同じレンズをつける人もいます。

また2週間や1ヶ月使い捨てタイプのものはその期間は同じレンズをつけても問題ありませんが、毎日外したあとに洗浄や消毒など適切なケアをする必要があります

この毎日のケアを怠ると汚れたままのレンズをつけることで目に悪影響を及ぼしてしまいます。

またどのタイプにも共通して言えることは装用中にゴロゴロしたり痛くなったりと違和感を感じた場合は使用を中止し、洗浄液で洗っても改善されない場合は破棄して新しいものを使うようにしましょう。

「もったいない」、「ケアが面倒」などといって間違った使い方をしていると目のトラブルを引き起こしてしまい最悪の場合は一生涯背負わなければならないトラブルになる可能性もありますので、正しい使い方を守って使用しましょう。

カラコンお役立ちコラム
KNOWLEDGE

正しいカラコンの使い方【基礎編】

© 2017 正しいカラコン使い方