正しいカラコン使い方 > カラコンお役立ちコラム > カラコンのDIA(ダイア)について

カラコンのDIA(ダイア)について


カラコンの商品詳細について記載しているところにDIA(ダイア)という項目がありますが、カラコン初心者の方には何のことだかわかりませんよね。

ここではカラコンのDIA(ダイア)についてご紹介します。

DIA(ダイア)とは?

DIA(ダイア)とはDiameter(ダイアメーター)の略でレンズ直径を意味し、レンズの直径の長さを数値で表したもので単位はmm(ミリメートル)を使います。

ひとことでレンズ直径と言ってもレンズのカーブに沿った長さと真上から投影した長さとが考えられますが、DIA(ダイア)は真上から投影した長さです。

注意したいのはカラコンのスペックである着色直径とは別物だということです。

着色直径はカラコンの色がついている部分の直径を表しますので着色直径=つけたときの黒目の大きさといえますが、DIA(ダイア)はレンズの直径ですのでDIA(ダイア)の値がつけたときの黒目の大きさを意味するものではありません

DIA(ダイア)の値が大きいレンズの特長について

DIA(ダイア)の値が大きいほどレンズ直径が大きなカラコンとなりますので、つけたときのデカ目効果は大きくなります

一般的にはDIA(ダイア)の値が14.5mm以上のカラコンが大きい部類に分類され、個人差がありますがDIA(ダイア)があまりに大きすぎるとカラコンが浮いているように見えてしまうことがあります

DIA(ダイア)の値が小さいレンズの特長について

DIA(ダイア)の値が小さいほどレンズ直径が小さなカラコンとなりますので、つけた感じがナチュラルなものになります

仕事や学校など日常使いしたい方にとっては自然に見えることがメリットになりますが、デカ目を演出したいためにカラコンを購入する人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

カラコンを購入するときは目の健康のことを考えて自分の眼に合ったDIA(ダイア)のカラコンを眼科医に処方してもらう、または購入しようとするカラコンが自分に合っているかどうか相談することが大切です。

カラコンお役立ちコラム
KNOWLEDGE

正しいカラコンの使い方【基礎編】

© 2017 正しいカラコン使い方